キングフィッシャーベイリゾートフィッシャーベイリゾート

  • リゾートについて
  • 施設案内
  • 宿泊案内
  • サービス案内
  • アクセス
  • 主要都市からの交通手段
  • エコツアー&アクティビティー
  • 宿泊&ツアーパッケージ
  • 料金表
  • フレーザー島情報
  • ご予約・お問い合わせ
フレーザーFACT(PDF) リゾートFACT(PDF)

プロマークジャパン

お勧めの本

エコツーリズムってなに?

オーストラリアの為替情報

オーストラリアの天気

オーストラリア公式サイト

リゾートについて

キングフィッシャーベイリゾート&ビレッジTOP > リゾートについて

フレーザー島地図

世界で一番大きな砂の島、フレーザー島のエコリゾート

世界で一番大きな砂の島、フレーザー島にキングフィッシャーベイリゾートが誕生したのは1992年、7月のことでした。そして、同年の12月には島全体がユネスコで世界遺産として登録され、事実上最初で最後の島のリゾートとなりました。
島の自然を保護しながら、その中での共存を目指し、おいで頂いた観光客にフレーザー島の自然を楽しんでいただくのに一番よい環境を考えて建設された、オーストラリアでもこの規模では初めての大型エコリゾートです。

エコリゾートとしての環境に対する様々な試みについて

eco CERTIFIED キングフィッシャーベイリゾートは宿泊施設ならびにツアー部門でオーストラリアのエコツーリズムの認定制度において、上級認定を受けています。 また、2006年クィーズランド州観光賞栄誉殿堂入り(Hall of Fame)
オーストラリア観光賞(1993,1994,2000,2001,2004,2005年受賞)

エコリゾート

エコリゾートからのお願い

1992年、フレーザー島はユネスコにより「ワールドヘリテージエリア(世界遺産地域)」に指定されております。
※オーストラリアの「グレートバリアリーフ」、エジプトの「スフィンクス」、日本の「屋久島」等が指定済です。この世界的に貴重な自然環境を保護し、かつ島を訪れる全ての方々に快適な時間をお過ごし頂く為に、皆様の御協力をお願いいたします。

動植物の保護

フレーザー島(リゾート含む)への動・植物の持ち込みは一切禁止されております。 島内に生息する動物・鳥等への餌付けは御遠慮下さい。
※特にディンゴ(野生の犬)は危害を加える場合がありますので十分御注意下さい。釣りをされる場合、一定以下のサイズの魚はお放し下さい。その他、島内及び周辺の海洋に生息する動・植物等の生態保護に十分御配慮下さいますようお願いいたします。

その他の環境保護

  • 島内(リゾート内含む)御滞在中に発生するゴミ等は、必ず所定の場所にお捨て頂くか、大陸側へお持ち帰り下さい。(※島内で発生するゴミはリゾート内で処理されるか、大陸側へ運搬の上、処理されております。)
  • 島内には多数の「淡水湖」や「淡水の小川」があります。これらへ汚水を流されたり、これらの場所で石鹸・シャンプー等をお使いにならないようお願いいたします。 特に日焼け止めクリームを塗ったまま湖に入るのはご遠慮ください。
  • その他、島内及び周辺の海洋における自然環境保護に御協力下さいますようお願いいたします。

車両による入島

4WD仕様車のみ入島可能となっております。

気候

夏の平均気温/29℃
冬の平均気温/22℃
日中の気温は冬場でもかなり上がりますが、ホェ−ルウォッチングなど海へ出たり、朝晩の気温は下がることがありますので暖かいものをお持ちください。冬場(6月から9月くらい)は泳ぐのには少し寒いでしょう。

持ち物

サングラス、日焼け止めクリ-ム、帽子、運動靴、水着、虫よけ用スプレー
冬場は朝晩冷えますので長袖のセ−タ−、ウィンドブレ−カ−のようなものをお持ちください。

お問い合わせはこちらから

リゾートFACT SHEET(PDF)

ページ上部へ